読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkobit’s diary

最強のコンディションを作る方法です。

善玉菌の殺し方。

今回は腸内細菌から見た、食べるべきでない食品について書いていこうと思います。せっかく食べ物で腸内環境をいい状態に保っていても台無しにしてしまうものがあります。

 

①保存料と防腐剤が多く使われる加工食品。

②砂糖

この二つは要注意です。

 

保存料・防腐剤は菌の繁殖を抑えるために使われているので、当然お腹の中で大事に育てている腸内細菌にも悪影響を及ぼします。

 

前にも言ったように善玉、悪玉関係なく腸内細菌はビタミン類の摂取を助けてくれるため、人間と共存関係にあります。この細菌の全体量が減ってしまうのですから、いくら体にいいものをとっても栄養不足の体になってしまいます。にもかかわらず、ビタミンの欠乏で体の代謝は悪くなり脂肪のたまる体になってしまうのです。こんな自分のペットに毒まんじゅうを食べさせるようなことはするべきじゃないんです。

 

ちょっと大げさに言ってしまいましたが、そうはいっても今の時代、食品添加物を全くとらずに生活するのはほぼ不可能です。できる範囲で気を付けるのが大切です。

 

例えば、朝食は果物だけにしたり、コンビニ総菜・レトルト食品・インスタント食品を買う機会を減らしたり、おやつや間食をお菓子じゃなく果物に変えたりすることもできます。腸内細菌に無関心にならないことが大切です。

 

続いて、もう一つの元凶は砂糖です。

 

といっても料理に使われている砂糖まで気にし始めたらきりがないので、甘い物くらいの認識でかまわないと思います。気にしすぎるのは逆に強迫観念にとらわれて精神的にも不健康です。

 

砂糖は胃や腸の動きを一時的に止めてしまいます。一日中甘い物を口に入れてるような人が便秘になってしまうのはこのためです。

 

f:id:kenkobit:20170505014244j:plain

 

胃や腸の動きが止まってしまえば、食べたものはなかなか下がっていきません。食べ物は体内では非常に腐敗しやすい環境にあるので、いつまでも体内に居座られると、腐敗し悪玉菌優位の腸内環境になってしまいます。速やかに消化し排便するためにも、お菓子や清涼飲料水は極力摂らないほうがいいんです。甘い物が欲しくなったら果物を食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに果物だけを食べて生きていることで有名な中野瑞樹さんは瘦せすぎてしまうのが悩みだったとのことです。果物のカロリーは科学的な数値であって、体重管理の面ではお菓子のカロリーと比べるべき数値ではありません。好きなだけ食べたてもカロリーを気にする必要はないんです。

 

以上二つの元凶について述べてきました。果物は非常に便利な食材ですので上手に活用して、防腐剤・保存料・砂糖の少ない食生活で、最高の腸内環境を目指しましょう。

 

次回は食べる物の選択以外で、腸内環境に高めることができる方法について考えてみたいと思います。

 

 

 

 

善玉菌の増やし方。

腸内環境を整えるには善玉菌を優勢にすることが必要です。

どうすれば怪しげなサプリメントをとらずに、善玉菌が優位になる腸内環境をつくれるのでしょうか。

 

f:id:kenkobit:20170501111443j:plain

一番シンプルでよく知られる方法が食物繊維をたくさん摂るということです。

 

そんなこと知ってると思わず、食物繊維について理解を深めてみましょう。そうすれば、きっとサプリメントを飲むような有難い気持ちで、大事な腸内細菌に最高のエサを与えるような気持で、食物繊維を口の中に入れるようになっていると思います。

 

まず、食物繊維とることで腸内細菌の数は確実に増えます。善玉菌も、日和見菌も、悪玉菌さえも、善玉菌優位の腸内環境であれば、すべて体に有益に働く味方になります。腸内細菌の数が増えることが腸の総合力アップにつながるのです。

 

食物繊維には水に溶けやすい水溶性と、溶けにくい不溶性の2種類があります。

 

水溶性食物繊維は腸内細菌の大好物で、大腸内で発酵し分解され、同時に腸内細菌を増やします

 

海藻・豆類・ネバネバ系に多く含まれます。細かく食材を覚えようとすると偏った食事をしてしまうので、大体でいいんです。

 

一方、不溶性の食物繊維は膨らんで腸内のごみを、からめとってくれます。

 

突然ですが、大便は何からできていると思いますか。

 

大半が水分。以外にも未消化の食べかすは数パーセントで、残りは死んだ腸内細胞と腸内細菌でできています。つまり、不溶性食物繊維は腸内をアカスリのように擦り取って元気な腸壁によみがえらせてくれるのです。きちんと食物繊維を摂っていれば、より多くのアカを落としてくれるので便の量も多くなります。この清潔な腸内が善玉菌を優位に導く腸内環境です

 

キノコ類・豆類・ネバネバ系に多く含まれます。なので、不溶性・水溶性食物繊維をとるには豆類・ネバネバ系を多くとるようにし、海藻・キノコも忘れないぐらいの方針でこだわりすぎずに食事を楽しむのがいいと思います。

 

動物性のたんぱく質は腸内で腐敗し、腸内環境を悪くするという説もありますが、肉や魚、卵にも必要な栄養素が多く含まれます。食物繊維の力を信じて、同時に摂れば問題ありません。

 

例えて言ったら、部屋の掃除が面倒だから部屋に何も持ち込まず、動かずじっとしているなんて馬鹿げてますよね。それと同じで、腸内を汚さないようにするよりも、色々な食材を楽しみつつ、しっかり掃除をすることがより健康的な食生活につながるのではないでしょうか。

 

以上摂るべき食材について話してきました。次回は摂るべきではない食材について書こうと思います。

 

 続きはこちら

 

kenkobit.hatenablog.com

 

 

 

 

 

腸内細菌の勢力図

腸内環境を整えるために腸内細菌について知っておくことも大切です。

 

腸の中には1000兆個の腸内細菌がいます。

重量にするとなんと1.5キロから2キロもあるそうです。

 

3万種類あるといわれるこの腸内細菌。

大きく善玉菌悪玉菌日和見の3つに分かれます。

 

一番知名度の低い日和見菌ですが、実は腸内細菌の4分の3がこの日和見に当たります。ちなみに次に多いのが悪玉菌で、一番少ないのが善玉菌です。

 

日和見菌は名前の通り、善玉菌、悪玉菌の様子をうかがい、有利な方に加勢するというお調子者です。

 

つまり、数の少ない善玉・悪玉菌ですが、どちらが優位になるかで腸全体の環境が全く変わってしまうのです。もっというと善玉菌優位の環境では悪玉菌さえ体に有用な働きをするようになるのです。

 

このことを知ると、乳酸菌系の栄養機能食品をいっぱい食べて、善玉菌を優位にしようと考える方もいるかもしれません。しかし個人的にはその考え方は間違っていると思います。菌にとって重要なのは腸内の環境で、いくら外から善玉菌そのものを取り込んでも元気に働くことができず、また元の環境に戻ってしまうように思います。

f:id:kenkobit:20170430093520j:plain

 

日々、腸内環境を最高の状態に保とうという姿勢で自分のお腹と向き合っていくことが大切だと思います。

 

それでは腸内環境を整えるために具体的にどのような方法があるかを書いていこうと思います。

 

 続きは下のリンクへ。

 

kenkobit.hatenablog.com

 

 

 

 

最高の腸内環境を作る!

最強コンディションの要の1つは腸内環境を整えるということです。

 

では、なぜ腸内の環境を整えることで、やる気や集中力が高まるのでしょうか。

 

 

脳腸相関という言葉を知っていますか。

脳と腸には深い関係があります。

脳の状態が腸に影響を与えるのはもちろん、腸の状況も脳に影響を与えるというのです。

 

地球上の生物はまず初めに単細胞生物として生まれ、そこから様々な動物に進化していきました。進化の過程で一番最初に誕生した臓器が腸だと言われています。

腸の多様な機能が枝分かれし特化され、他の臓器が形成されました。

脳も腸から生まれた臓器の一つなのです。

脳が体の中心という考え方から脱することが、強い心と体を作るための大切な一歩となります。

f:id:kenkobit:20170428234929p:plain

では、具体的にどのような仕組みで心に良い影響を与えるのかを説明します。

 

脳内の神経伝達物質セロトニンというものがあります

幸福感を感じたり、やる気にさせたりしてくれる物質です。

食べ物のたんぱく質を分解しトリプトファンにし、それを材料にセロトニンを作るのですが、そのそれぞれの工程でビタミン類を必要とします。

そのビタミン類を食品の中から取り出す仕事をしているのが腸内細菌なのです。

 

つまり、いくら口からたんぱく質とビタミンを体の中に取り込んでも、腸内細菌が元気に働かなければ、いつまでたってもセロトニンは作られないのです。

 

日々の気分も腸内細菌の機嫌次第なのです。

 

さらには睡眠を促すメラトニンという物質もこのセロトニンから作られます。

よい睡眠にも腸内細菌がかかわってくるのです。

 

それでは腸内の環境を整えるにはどうすればいいのでしょうか。

 

①腸内細菌の中の善玉菌の比率を増やす。

②腸壁の代謝を高める。

 

この2つを達成することが目標となります。

 

 続きは下のリンクから。

 

kenkobit.hatenablog.com

 

 

 

 

 

最強コンディションをつくる方法

成功するために頑張っているあなた。

成功のために一番必要なことは諦めずに続けること。

続けられればどんな経験も成長の過程となり失敗とはなりません。

ただ、続けることが難しい。

 

それはあなたの性格のせいでしょうか。

プレッシャーに弱いメンタルのせいでしょうか。

忍耐力が足りないからでしょうか。

環境に恵まれないからでしょうか。

 

f:id:kenkobit:20170429003321j:plain

 

私は違うと思います。

 

それはあなたのコンディションがベストに保たれていないから、現状を超えたベストの状態があるのにそれに気づいていないからだと思います。

 

やるやるといって、だらだらと生きてきたわたしが、自分でも不思議なくらい何に対しても、やる気に満ち溢れるようになった方法、毎日を楽しく感じるようになった方法をぜひ皆に知って欲しいという気持ちでこのブログを書き始めました。

 

色々な自己啓発本を読んで考え方を変えようと必死にもがいた時期もありました。

しかし、大事だったのは立派な人生哲学ではなく体のコンディションだったのです。

 

体と心は別物ではなく「心身一如」。体が整えば、心も同時に整い始めます。

それはプロテインをガンガン飲んでムキムキの体になれということではありません。

実際プロのアスリートが薬物に手を出したり、犯罪を犯してしまうことも少なくありません。身体能力が高いことがイコール最強の体ではないと私は考えます。

 

最強のコンディションのための2つの肝。

それは

 

最高の腸内環境を作る。

ホルモンの分泌を支配する。

 

ということです。

そんなことか。と思った方もいると思います。

そうです。そんなことでいいんです。

実際にそんなことで世界を見るメガネの色が変わるんです。

 

一日一日が楽しく愛おしい。そんなわくわくする気持ちで生きれたら幸せだと思いませんか。

成功するから幸せになるのではありません。幸せな毎日の中で楽しく努力できるから成功するのです。努力を努力だと思わない人間が成功するのです。

 

それでは、このブログを通じてその具体的な方法を書き綴っていきたいと思います。

 

 続きは下のリンクから。

 

kenkobit.hatenablog.com