kenkobit’s diary

最強のコンディションを作る方法です。

最高の腸内環境を作る!

最強コンディションの要の1つは腸内環境を整えるということです。

 

では、なぜ腸内の環境を整えることで、やる気や集中力が高まるのでしょうか。

 

 

脳腸相関という言葉を知っていますか。

脳と腸には深い関係があります。

脳の状態が腸に影響を与えるのはもちろん、腸の状況も脳に影響を与えるというのです。

 

地球上の生物はまず初めに単細胞生物として生まれ、そこから様々な動物に進化していきました。進化の過程で一番最初に誕生した臓器が腸だと言われています。

腸の多様な機能が枝分かれし特化され、他の臓器が形成されました。

脳も腸から生まれた臓器の一つなのです。

脳が体の中心という考え方から脱することが、強い心と体を作るための大切な一歩となります。

f:id:kenkobit:20170428234929p:plain

では、具体的にどのような仕組みで心に良い影響を与えるのかを説明します。

 

脳内の神経伝達物質セロトニンというものがあります

幸福感を感じたり、やる気にさせたりしてくれる物質です。

食べ物のたんぱく質を分解しトリプトファンにし、それを材料にセロトニンを作るのですが、そのそれぞれの工程でビタミン類を必要とします。

そのビタミン類を食品の中から取り出す仕事をしているのが腸内細菌なのです。

 

つまり、いくら口からたんぱく質とビタミンを体の中に取り込んでも、腸内細菌が元気に働かなければ、いつまでたってもセロトニンは作られないのです。

 

日々の気分も腸内細菌の機嫌次第なのです。

 

さらには睡眠を促すメラトニンという物質もこのセロトニンから作られます。

よい睡眠にも腸内細菌がかかわってくるのです。

 

それでは腸内の環境を整えるにはどうすればいいのでしょうか。

 

①腸内細菌の中の善玉菌の比率を増やす。

②腸壁の代謝を高める。

 

この2つを達成することが目標となります。

 

 続きは下のリンクから。

 

kenkobit.hatenablog.com