頭でっかちのための知識で痩せるダイエット。

科学的な知識をしり、理屈っぽくなるだけで勝手に痩せることを伝えたい。

腸内細菌を味方にすれば痩せる

腸の中には1000兆個の腸内細菌がいると言われています。重量にするとなんと1.5キロから2キロもあるそうです。生まれたての赤ちゃん4~6人分と思うとぞっとしますが、それが全部自分の味方になればこんなに心強いことはありません。味方にできるかどうかは普段の生活次第なのです。

 

体内の腸内細菌は人によって違いますが、およそ3万種類あるといわれ、大きく善玉菌悪玉菌日和見の3つに分かれます。おそらくこの中で一番知名度の低いのは日和見菌ですが、実は腸内細菌の4分の3がこの日和見菌です。ちなみに次に多いのが悪玉菌で、一番少ないのが善玉菌です。日和見菌は名前の通り、善玉菌、悪玉菌の様子をうかがい、有利な方に加勢するというお調子者です。数の少ない善玉・悪玉菌ですが、どちらが優位になるかで腸全体の環境が全く変わってしまうのです。しかも、善玉菌優位の環境では悪玉菌さえ体に有用な働きをするようになるので、すべてが自分の体の味方に付くことになるのです。

 

ただし、注意が必要です。それなら乳酸菌系の栄養機能食品をたくさん食べて、善玉菌を増やそう考える人もいるとおもいます。しかし、その前にやるべきことがあるのを忘れてはいけません。腸内細菌にとって重要なのは腸内環境で、いくら口から善玉菌そのものを取り込んでも腸内環境が悪ければ活発に働くことができず死滅し、また元の悪い環境に戻ってしまうのです。どんないい種でもいい土壌と適した気候でなければいい実をつけない。それと一緒です。腸内を善玉菌の屍の山にしないためにも環境を整えることが何よりも大切です。

f:id:kenkobit:20170430093520j:plain

 

日々、腸内環境を最高の状態に保とうという姿勢で自分のお腹と向き合っていきましょう。それでは腸内環境を整え、腸内細菌にとってよい土壌を作るために具体的にどのような方法があるかを調べてみました。

 

 その方法はこちらです↓

kenkobit.hatenablog.com

 痩せるための知識がまとめてありますのでこちらもご覧ください↓

kenkobit.hatenablog.com