知識で痩せるダイエット。

科学的な知識をしり、最高のコンディションを目指すことで勝手に痩せることを伝えたい。

腸の仕組みを知れば痩せる③

腸内環境を整えるには善玉菌を優勢にすることが必要です。どうすれば善玉菌が優位になる腸内環境をつくれるのでしょうか。一番シンプルでよく知られる方法が食物繊維をたくさん摂るということです。ここでもただただ食物繊維を摂ればいいのかで終わらせるのではなく食物繊維が体の中でどう働いているのかを知って、イメージできることが大切なのです。

f:id:kenkobit:20170629032856j:plain

 

それでは、食物繊維について理解を深めてみましょう。そうすれば、きっとサプリメントを飲むような大切な気持ちで、大事な腸内細菌に最高のエサを与えるようなわくわくした気持ちで、食物繊維を口の中に入れるようになってくると思います。

 

まず、食物繊維をとることで腸内細菌の数は確実に増えます。善玉菌も、日和見菌も、悪玉菌さえも、善玉菌優位の腸内環境であれば、すべて体に有益に働く味方になることは前回も述べました。腸内細菌の数が増えることは腸の総合力アップにつながるのです。

 

食物繊維には水に溶けやすい水溶性と、溶けにくい不溶性の2種類があります。水溶性食物繊維は腸内細菌の大好物で、大腸内で発酵・分解され、同時に腸内細菌を増やしてくれます海藻・豆類・ネバネバ系の食品に多く含まれます。細かく食材を覚えようとすると偏った食事をしてしまいがちなので、ざっくりとした覚え方のほうがいいと思います。これさえ食べればいいなんてものはないし、なんとなく考え方自体が強迫観念的で不健全なきがします。例えとしてあまり正確ではないかもしれませんが、コアラは餌探しに苦労せず生き残れるようユーカリしか食べなくてもいいように進化したそうですが、それに伴い脳は小さくなったそうです。感覚的ですが、色々なものを楽しんで食べたほうがいいような気がします。

 

一方、不溶性食物繊維は膨らんで腸内のごみをからめとってくれます。それが最終的には大便になるのですが、大便は大半が水分で意外にも食物繊維などの未消化の食べかすは数パーセントにすぎません。なんと残りは死んだ腸内細菌と腸壁細胞でできているのです。つまり、不溶性食物繊維は腸内をアカスリのように擦り取って、元気な腸壁によみがえらせてくれるのです。きちんと食物繊維を摂っていれば、より多くのアカを落としてくれ、同時に掃除機のように古くなった腸壁のカスや死んだ腸内細菌を吸い取ってくれるのです。そうすると、同じ量のものを食べていても、便の量が多くなってきます。たくさん出たらにんまりしてください。この清潔な腸内が善玉菌を優位に導く腸内環境なのです

 

不溶性食物繊維はキノコ類・豆類・ネバネバ系の食品に多く含まれます。なので、不溶性・水溶性食物繊維をとるには豆類・ネバネバ系、海藻・キノコを多くとるのを心掛けて何を食べるかの選択をするようにすればいいと思います。と言ってもこだわりすぎないで下さいね。我慢なんて無理なんて投げ出さないでください。1日ジャンクフードで過ごしてしまっても、次の日また気を付ければいいわけで、完璧にやることにこだわらず続けることが大切です。

 

動物性のたんぱく質は腸内で腐敗し、腸内環境を悪くするという説もありますが、肉や魚、卵にも必要な栄養素が多く含まれます。食物繊維の力を信じて、同時に摂れば問題ありません。むしろ食べたいのに我慢するストレスや、肉や魚を食べるのは駄目なことだという否定形の言葉が持つ負の力の方が体に悪い気がします。ただ、体質にもよるので最終的には何を食べるかは自分の体の反応を、自分の体の声を感じてみてください。私自身も菜食生活をしてみたこともありますが、どうも調子が悪いので肉、魚を摂るようにして見たりと試行錯誤しています。

 以上摂るべき食材について話してきました。次は摂るべきではない食品について書こうと思います↓

kenkobit.hatenablog.com

 痩せるための知識をまとめているのでこちらもご覧ください↓

kenkobit.hatenablog.com