読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkobit’s diary

最強のコンディションを作る方法です。

善玉菌の増やし方。

腸内環境を整えるには善玉菌を優勢にすることが必要です。

どうすれば怪しげなサプリメントをとらずに、善玉菌が優位になる腸内環境をつくれるのでしょうか。

 

f:id:kenkobit:20170501111443j:plain

一番シンプルでよく知られる方法が食物繊維をたくさん摂るということです。

 

そんなこと知ってると思わず、食物繊維について理解を深めてみましょう。そうすれば、きっとサプリメントを飲むような有難い気持ちで、大事な腸内細菌に最高のエサを与えるような気持で、食物繊維を口の中に入れるようになっていると思います。

 

まず、食物繊維とることで腸内細菌の数は確実に増えます。善玉菌も、日和見菌も、悪玉菌さえも、善玉菌優位の腸内環境であれば、すべて体に有益に働く味方になります。腸内細菌の数が増えることが腸の総合力アップにつながるのです。

 

食物繊維には水に溶けやすい水溶性と、溶けにくい不溶性の2種類があります。

 

水溶性食物繊維は腸内細菌の大好物で、大腸内で発酵し分解され、同時に腸内細菌を増やします

 

海藻・豆類・ネバネバ系に多く含まれます。細かく食材を覚えようとすると偏った食事をしてしまうので、大体でいいんです。

 

一方、不溶性の食物繊維は膨らんで腸内のごみを、からめとってくれます。

 

突然ですが、大便は何からできていると思いますか。

 

大半が水分。以外にも未消化の食べかすは数パーセントで、残りは死んだ腸内細胞と腸内細菌でできています。つまり、不溶性食物繊維は腸内をアカスリのように擦り取って元気な腸壁によみがえらせてくれるのです。きちんと食物繊維を摂っていれば、より多くのアカを落としてくれるので便の量も多くなります。この清潔な腸内が善玉菌を優位に導く腸内環境です

 

キノコ類・豆類・ネバネバ系に多く含まれます。なので、不溶性・水溶性食物繊維をとるには豆類・ネバネバ系を多くとるようにし、海藻・キノコも忘れないぐらいの方針でこだわりすぎずに食事を楽しむのがいいと思います。

 

動物性のたんぱく質は腸内で腐敗し、腸内環境を悪くするという説もありますが、肉や魚、卵にも必要な栄養素が多く含まれます。食物繊維の力を信じて、同時に摂れば問題ありません。

 

例えて言ったら、部屋の掃除が面倒だから部屋に何も持ち込まず、動かずじっとしているなんて馬鹿げてますよね。それと同じで、腸内を汚さないようにするよりも、色々な食材を楽しみつつ、しっかり掃除をすることがより健康的な食生活につながるのではないでしょうか。

 

以上摂るべき食材について話してきました。次回は摂るべきではない食材について書こうと思います。

 

 続きはこちら

 

kenkobit.hatenablog.com