読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkobit’s diary

最強のコンディションを作る方法です。

善玉菌の殺し方。

今回は腸内細菌から見た、食べるべきでない食品について書いていこうと思います。せっかく食べ物で腸内環境をいい状態に保っていても台無しにしてしまうものがあります。

 

①保存料と防腐剤が多く使われる加工食品。

②砂糖

この二つは要注意です。

 

保存料・防腐剤は菌の繁殖を抑えるために使われているので、当然お腹の中で大事に育てている腸内細菌にも悪影響を及ぼします。

 

前にも言ったように善玉、悪玉関係なく腸内細菌はビタミン類の摂取を助けてくれるため、人間と共存関係にあります。この細菌の全体量が減ってしまうのですから、いくら体にいいものをとっても栄養不足の体になってしまいます。にもかかわらず、ビタミンの欠乏で体の代謝は悪くなり脂肪のたまる体になってしまうのです。こんな自分のペットに毒まんじゅうを食べさせるようなことはするべきじゃないんです。

 

ちょっと大げさに言ってしまいましたが、そうはいっても今の時代、食品添加物を全くとらずに生活するのはほぼ不可能です。できる範囲で気を付けるのが大切です。

 

例えば、朝食は果物だけにしたり、コンビニ総菜・レトルト食品・インスタント食品を買う機会を減らしたり、おやつや間食をお菓子じゃなく果物に変えたりすることもできます。腸内細菌に無関心にならないことが大切です。

 

続いて、もう一つの元凶は砂糖です。

 

といっても料理に使われている砂糖まで気にし始めたらきりがないので、甘い物くらいの認識でかまわないと思います。気にしすぎるのは逆に強迫観念にとらわれて精神的にも不健康です。

 

砂糖は胃や腸の動きを一時的に止めてしまいます。一日中甘い物を口に入れてるような人が便秘になってしまうのはこのためです。

 

f:id:kenkobit:20170505014244j:plain

 

胃や腸の動きが止まってしまえば、食べたものはなかなか下がっていきません。食べ物は体内では非常に腐敗しやすい環境にあるので、いつまでも体内に居座られると、腐敗し悪玉菌優位の腸内環境になってしまいます。速やかに消化し排便するためにも、お菓子や清涼飲料水は極力摂らないほうがいいんです。甘い物が欲しくなったら果物を食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに果物だけを食べて生きていることで有名な中野瑞樹さんは瘦せすぎてしまうのが悩みだったとのことです。果物のカロリーは科学的な数値であって、体重管理の面ではお菓子のカロリーと比べるべき数値ではありません。好きなだけ食べたてもカロリーを気にする必要はないんです。

 

以上二つの元凶について述べてきました。果物は非常に便利な食材ですので上手に活用して、防腐剤・保存料・砂糖の少ない食生活で、最高の腸内環境を目指しましょう。

 

次回は食べる物の選択以外で、腸内環境に高めることができる方法について考えてみたいと思います。