知識で痩せるダイエット。

科学的な知識をしり、最高のコンディションを目指すことで勝手に痩せることを伝えたい。

よく噛むことの痩せる以外の5つのメリット

親から「よく噛んで食べなさい」と注意されたことがある人は多いと思います。しかし、どんなに乱れた生活をしても体力有り余る子供時代はその言葉は全く心に響きませんでした。しかし中年に差し掛かろうとする今、その言葉がどんなに重いか知ることになりました。昔から言われているこんなにシンプルな助言ですが、最新の科学で分かることは その言葉の正しさを証明するものばかりです。理解を深めると、とてつもなく奥深い金言だったのだと感動すると思います。昔の人の感覚は本当にすごい。

 

まず、よく噛んでたべれば痩せます。この仕組みを説明します。人は食事をすると血糖値が上がり満腹中枢を刺激し満腹感を得て、食べることをやめる。この過程には30分ほど時間が必要となる。血糖値が上がる前に食べ物をかきこんでしまうと、必要以上の量を摂取して、お腹が張って苦しくなるまで十分な量をすでに食べてしまっていることに気づけないのです。よく噛んで食べ、食事するペースが下がると最低限の量で高い満足感を得ることができるのです。

 

ここからが本題です。痩せること以外のメリットを知ることでよく噛むことのモチベーションを高めましょう。まず中年に差し掛かると、そんなに太って見えないのに下腹お腹がポッコリ出てくる人がいます。これを単に年取ると脂肪のつく場所が変わるんだろなんて考えてる人はいませんか。これはよく噛まないことが大きく関わっている症状なのです。そう言う私がまさにそういう体型だったのですが、このような人は東洋医学では胃腸が弱い人と判断されます。というのも、これは早食い大食いが原因で、よく噛まずに胃の中に食べ物がどんどん詰め込まれると、重さで胃がどんどん下に下がってしまう。かなりの小ささまで消化しないと食べ物は腸に流れていかないので、重たくなった胃はしばらく下に垂れ下がったままになります。毎回そのような食べ方を繰り返すと腸は上から圧迫され次第に下腹のあたりがポコンと前に押し出されてしまうのです。本来あるべきところから移動してしまうと胃腸の機能は低下してしまうのです。若い頃は体幹の筋肉がついていて、すっきり収まっていた腸も、年とともにインナーマッスルが衰え、押されるがままに前に出てくるようになるのです。

 

しかし、よく噛むことでこの状態を改善することができます。口は第一の消化器官と言われており唾液は第一の消化液です。よくすりつぶし唾液と混ぜあうことで胃腸の負担は大幅に減少します。最初から小さくかみ砕いてしまえば、胃に食べ物が滞在する時間も減り、食事の時間は長くなるため、急激に胃に食べ物が入ってくることもなく、胃が下に下がることなく腸に食べ物を流すことができます。よく噛むことでおなかの中に好循環が生まれます。

 

よく噛むことのメリットはほかにもあります。前回も説明したように腸の中は食べ物が非常に腐敗しやすい環境です。未消化の食べ物が腸の中にいつまでもあると腐敗し腸内環境を悪化させます。しかし、よく噛み、食べ物を細かくし唾液とよく混ぜ合わせれば、唾液はでんぷん質を分解してくれる酵素を含んでいるため、胃腸の消化の負担を大きく和らげてくれます。消化しやすい状態で取り込むことができるので、食べたものはスムーズに体の中を流れ、腸内細菌が活発に動ける環境を作ることができるのです。

 

さらに、唾液は食べ物の中の活性酸素を消したり、発ガン性物質を分解する作用のある酵素(ペルオキシダーゼ)も含んでいます。ただ、どちらも作用するには30秒は必要とされるため、よく噛みすぐ飲み込まないことがここでも重要となります。

 

まだまだメリットはあります。よく噛むことで食べ物内のフィトケミカルやビタミンなど重要な栄養素を含んだ細胞の壁を破壊し外に出し、体内で取り込みやすい状態にするという効果もあります。ビタミンはエネルギー代謝に必要な栄養素です。エネルギーの代謝が活発になれば太りにくい体を作ることにもなります。

 

最後にもう一つ。よく噛むことは脳にある海馬や前頭前野が活性化し、記憶力を高めます。また唾液には神経成長因子が含まれており脳機能の回復に役立つ作用があるともいわれています。よく噛めば噛むほどボケにくくなることがわかっているのです。最近物忘れが多いなと思ったら、とにかくまずはよく噛んで食べるようにしましょう。

 

まとめると、よく噛めば、痩せられるのはもちろん、胃腸の消化の負担を和らげ、腸内環境を整え、食物中の毒素を消し、重要な栄養素を取り込みやすくすることができ、おまけに頭の老化防止にもなるということなのです

 

これってすごくないですか。これほどローリスク・ハイリターンな健康法はないと思います。噛むことの力と唾液の力はホントに素晴らしい。口は最強の消化器官で、唾液は最強のサプリメントだということを忘れないでください。消化はほとんどが無意識で行われるため、自分の意識でコントロールできない機能だと思ってしまいがちです。しかし、その入り口(口)は意識的にコントロールできる消化器官なのです。心がけ次第で消化を助けることができるのです。牛の消化(反芻)を調べてみると彼らはよく噛み胃の中に入れた草を、再び口の中に戻し嚙みなおすという作業をしています。つまり、噛むことは正真正銘、消化機能の一つであり、それをさぼるのは胃をなくしたり、腸をなくしたりすることと同じくらい体にとっては大きな負担なのだと肝に銘じて食事と向き合ってみてはいかがでしょうか。

f:id:kenkobit:20170517102117j:plain

以上よく噛むことについて書いてきました。年配者の助言を綺麗事と聞き流してしまいがちですが、自分がいろんなことを経験した後、ああ本当に大事なことを言ってたんだなとはっとすることがよくあります。「よく噛んでたべなさい」にも、これほどまでの含蓄があったとは・・・。最初にも言ったように、昔の人の感覚恐るべしです。

 

最後に唾液を出すためには、よく噛み、リラックスして食事を楽しむこと、感謝の気持ちで命をいただくことが大切だということも忘れずに。

 

ここまで読んでいただけた方ありがとうございました。他にも痩せるための知識をまとめていますのでご覧ください↓

kenkobit.hatenablog.com