kenkobit’s diary

最強のコンディションを作る方法です。

空腹の大切さ。

腸を健康に保つための方法その2は

 

食べ過ぎないことです。

 

これもまた当たり前すぎてなんの変哲もない言葉ですが、科学的に理解すると深みは増し、金言であることに気づかされます

 

空腹になるとお腹がグーグーなりますよね。これは胃腸が激しく収縮するときになる音です。たべものがお腹にない空腹の状態でなぜ胃腸が活発に動いているのでしょうか。

それは胃腸の壁の細胞を掃除をするためです。激しく収縮することで古い細胞は剥がれ落ち、新しい細胞に変わっていくことを促します。

間食に次ぐ間食で常に何かお腹の中に食べ物が入っているような人は、胃腸がこの掃除の時間を作れずに、コンディションの悪い状態のまま、消化と吸収を繰り返しているのです。このような悪条件では腸内細菌が活発に働けないのは言うまでもありません。

空腹時は大切なお掃除タイムなのです。

f:id:kenkobit:20170614233129j:plain

 空腹の効用はこれだけではありません。空腹のまま寝ると善玉ホルモンのアディポネクチンを分泌し、成長ホルモンを活性化させます。成長ホルモンは若返りのホルモンで血管を掃除してくれ、肌や髪の艶もよくなります。ちなみにアディポネクチンを高める食材は大豆加工品、特に豆腐がよいと言われています。

もちろん空腹を大事にするようになれば間食も減り、減量にもつながります。食べるのを我慢すると思うとつらいですが、今、まさに体が活性化し、内側からきれいになって若返っている時なんだと思うと空腹も楽しくなります。

 

空腹の効用はまだまだあります。カロリーを制限し持続的に空腹感を持てるような食生活をしていると長寿遺伝子(サーチェイン)が働き出し、人間の細胞内にいるミトコンドリアの量を増やしてくれます。ミトコンドリアの役割は食べ物から吸収した糖や脂質と、肺から吸収した酸素を反応させ、頭や体を動かすためのエネルギーの素を生み出すことです。つまり、空腹感はミトコンドリアを増やすことによってエネルギッシュな身体を作り出すのです。

反対に暴飲暴食を繰り返していると、フル回転のミトコンドリアはオーバーヒートし、短い期間で死滅してしまいます。そうなると食べても食べても力がわいてこない、ただただ体重だけが増えていくという悪循環に陥ってしまうのです。節制すれば若くて元気なミトコンドリアがたくさんいるエネルギッシュな身体になり、食べ過ぎれば死にかけで数の少ないミトコンドリアが身体を動かすことになるのです。

 

ただし、これは断食を勧めているわけではありません。食べ過ぎない、間食をしない、深夜に飲食しないということを意識できれば十分だと思います。それは食べることで行う食物繊維による腸内掃除も大切だと思うということと、ミネラル・ビタミンで体内のエネルギーをしっかり代謝させることが重要だと考えるからです。

 

元気で若々しいご長寿の方に健康法を尋ねたインタヴューで何か特別なことを言っている方を私は見たことがありません。小さい違いこそあれ、昔から言われている当たり前の節制方法こそが最高の健康法なのではないでしょうか。